羽生田行政書士事務所では会社設立・法人設立や相続・遺言・成年後見の基本情報を提供しております。
 また、具体的な解決のためにご相談とサポートをお受けしております。

・会社設立の手続きをしたいが開業準備で手が回らない。
・個人事業を株式会社にしようと本を見て自分で始めたが面倒なのでどこかへ頼みたい。
・会社設立と建設業許可申請の両方をやりたいが良くわからない
・会社設立と設立後の手続をまとめて頼めるところはないだろうか。
・任意団体を一般社団法人にしたいがメリットとデメリットが知りたい。

羽生田行政書士事務所でサポートをお受けいたします。

羽生田行政書士事務所でサポートをお受けいたします。

 法人化のメニューは株式会社だけではありません。最適な形態をご提案いたします。
 首都圏のサポートは
 ・会社設立手続をお受けします。(法人登記の申請代理は提携司法書士への依頼となります。)
 ・建設業許可などの営業許可手続もあわせてお受けします。
 ・設立後の手続もお受けします。
 ・ご自分で手続される場合は必要書類の作成をいたします。

  一般法人・公益法人についてはこちらをご覧ください。

 ・息子の嫁が良くやってくれるので相続させたいができるのだろうか。
 ・遺産よりも借り入れのほうが多い、親の借金は子が負担するの。
 ・父の遺言で長男にすべて遺贈されて長女の私には何もないの。
 ・相続税はどのくらいかかるのか知りたい。
 ・遺言書を書きたいけれど決まりを教えてほしい。
 ・先に書いた遺言書を変更したい場合はどうしたら良いの。
 ・遺言書を保管してもらえるところはあるの。

羽生田行政書士事務所でサポートをお受けいたします。

 ・相続手続の進め方をアドバイスしております。
 ・相続人確定のための相続人調査をいたします。
 ・預貯金・不動産などの名義変更に必要となる、遺産分割協議書の作成をいたします。
  (不動産登記の申請代理は提携司法書士への依頼となります。)
 ・相続手続のための必要書類の収集や手続書類の作成をいたします。
 ・遺言書作成のアドバイスをしております。

 ・兄が認知症の親の面倒を見ているが貯金を勝手に引き出しているようで困っている。
 ・認知症の親が施設に入所するために親の土地を売りたい。
 ・自分は認知症の1人暮らしで福祉サービスの契約をしたいが良くわからず不安がある。
 ・1人暮らしの母が訪問販売や家のリフォーム被害に何度もあってとめたい。
 ・父が亡くなり認知症の母と兄弟で遺産分割協議をしたいが問題ないだろうか。
 ・今は元気だがもしこれから先認知症になった時のために手は打てるだろうか。

羽生田行政書士事務所でサポートをお受けいたします。

 ・成年後見制度活用の最適な方法をご提案いたします。
 ・成年後見手続の進め方をアドバイスしております。
 ・手続のための必要書類の収集や手続書類の作成をアドバイスしております。
 ・任意後見契約の手続をサポートをいたします。

羽生田行政書士事務所では、初回のご相談は無料です。

  こちらのメール相談をご利用ください。

 行政書士は法律で業務上の秘密を守らなければなりません。
 当事務所では特に注意を払っておりますので安心してご相談ください。

 なお、行政書士は裁判手続や登記手続の代理をすることが法律上出来ませんのでお受けできません。ご希望があれば専門の弁護士・司法書士をご紹介いたします。

 

ページトップへ